ちまちま日記
手作り大好き♪ のんびり愉快に暮らしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ベビーギフト
PA310013.jpg

PA310014.jpg

友人にたのまれていた、出産祝い用のギフトセットができました。
ベビードレス、スタイ、ミニハンカチ、ママ用バックのセットです。
ティッシュカバーはおまけです。
喜んでもらえるかしら。
スポンサーサイト
【2005/10/31 15:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) |
光と影
PA230003.jpg

PA230004.jpg

明るいイメージのガーベラですが、光と影のおかげで、なんだかシックで大人っぽい写真が撮れました。

あ、そういえば、7年ほど前に買った、ピンホールカメラの手作りキット、まだ組み立ててません…。
落ち着いたら、組み立ててみようかしら。


【2005/10/23 10:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) |
二度目の
PA190001.jpg

今日は二度目の結婚記念日です。
イベント事に疎い二人なので、結婚記念日だからといって特に何もしないのですが、ケーキ作りました☆
【2005/10/19 18:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) |
咲きました
PA140002.jpg

PA140001.jpg

PA140003.jpg

中国土産のお茶を入れてみました。
邪道かもしれないけれど、せっかくなので、ガラスのティーポットを使いました。

丸いコロンとしたかたまりをポットに入れ、ワクワクしながらお湯を注ぐと、お茶の葉が花のようにゆっくりと咲き、中から白い花が出てきました~☆

ステキです。
とってもステキです。

これもまた邪道ですが、トルコのチャイ用のグラスに注ぎ、いただきました。

うん、美味しい。
あ~しあわせ。
シュウさん、ありがと~☆
【2005/10/14 17:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
香水
2、3日前から、キンモクセイのいい香りが町のいたるところから漂っています。
この香りが甘ったるくて嫌いと言う人もいるけれど、私は大好きです。

住宅街をミッシェル(自転車)に乗って走っていると、キンモクセイを植えているお宅の多さに驚きます。
ここぞとばかりに鼻で深呼吸を何度もし、今しか嗅ぐことのできないこの香りを満喫します。

ここで、キンモクセイにまつわる子供の頃の思い出をひとつ。

たしか小学2年生くらいだったと思います。
キンモクセイの香りにうっとりとした日々を過ごしていたある日、とてもステキな事を思い付きました。
はやる気持ちを抑えきれずに、私は空き瓶を片手に外に飛び出したのです。

一目散にキンモクセイのところに駆けて行き、家から持ち出したその空き瓶の中に、小さなオレンジ色の花を夢中になって詰め始めました。
やがて、空き瓶はオレンジ色でいっぱいになり、私はそれを満足げに眺めながら、家に持ち帰ったのです。

さてここからが本番です!
瓶いっぱいのキンモクセイ、これを割り箸でつぶします。
トントントントン・・・
いくら突いてもなかなか思うように潰れません。

考えた末、今度は割り箸をスプーンに持ち替えグイグイグイグイ・・・


グイグイグイグイグイグイ・・・・・・・

ひたすらグイグイグイグイグイ・・・・・

無心になってグイグイグイグイグイ・・・・・


もうお気付きでしょうか。
そうです。
そうなんです!

香水を作りたかったのです!!!

キンモクセイの花を潰してエキスを絞り出し、それをかわいい小ビンにでも入れてステキな「キンモクセイの香水」を作ろうとしたのです。
私の頭の中では、そのやり方になんの問題もなく、夢と希望で満ちあふれておりました。

もちろん、そんなやり方で香水ができるわけありません。
しかし私は、潰れるほどに茶色くなっていくキンモクセイに、一抹の不安を覚えながらも、自分の信念を貫きとおしたのです。

出来上がった「香水」は茶色くグジョグジョで、私が夢に描いたものとはあまりにもかけ離れたものでした。

さあ、どうしましょう。

あんなに一生懸命作ったのに・・・

困ったなぁ・・・

結局その日、現実を認めたくない私は、その茶色のグジョグジョを捨てることができませんでした。

次の日、洗面所の窓辺に置いておいたそれは、ますます悲惨な状況に。
結局、母になだめられ、私の「香水」は土に返すことになりました。
                     おしまい
【2005/10/13 15:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
美味でした
昨日、来年の一月にする二人展の構想を練りに、友人と現場(susie)に行ってきました。
その後、どこかでお茶でもしようということになり、以前このブログでも紹介したcoconeへ。
今回はりんごのタルトをいただきました。
PA090001.jpg

これもまた美味でした☆
うまく言葉で表現できませんか、タルトの部分まで美味しかったし、盛り付けもステキです。
BGMも心地よく、だいぶ長居をしてしまいました~。
coconeのブログです↓
http://cocone.blogzine.jp/cocone_days/

【2005/10/09 09:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) |
お花がいっぱい
PA050118.jpg

PA050108.jpg

PA080001.jpg

フェルトでお花をたくさん作ったので、これをコサージュやブローチにしました。
街行くオシャレさん達が、ジャケットや帽子、マフラーなどに付けているのを偶然目撃するのを夢みながら作りました~☆
【2005/10/08 10:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
くるみボタン
PA050124.jpg

PA050120.jpg

くるみボタンが昔から好きで、学生の頃はブラウスやジャケットを作る時、よく使ってました。

最近は、リネンに刺繍をしたくるみボタンをよく作ります。
上の写真は、くるみボタンをブローチにしたもの、下の写真はヘアーゴムです。
【2005/10/05 11:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ご褒美
PA030001.jpg

ピオーネをいただきました。
ここ一ヶ月ほど、我が家には常に葡萄がある状態が続いており、舌も肥えて(?)まいりました。

今回いただいたピオーネは、成羽(山奥です)でとれたものなのですが、とても濃厚で甘く素晴らしく美味なのです。
なんでも今年は雨が少なく、葡萄達にとっては最高の夏で、収穫時にぐっと冷え込んだのでさらに甘みが増したそうです。

なるほど、水不足に悩まされた年には葡萄がおいしくなるということですね。
ん~、複雑な心境ですが、葡萄が美味しいのは喜ばしいこと。
水不足を耐え抜いた人間へのご褒美ということにしましょう。
【2005/10/03 09:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
プロフィール

chima*chima

  • Author:chima*chima
  • chima*chimaという名前で、陶器、雑貨を製作。

    みっちぃー(旦那さん)、ことりちゃん(娘)と、のんびり愉快に暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。